+ ベルばらなB'z +

日頃何気なく聞いている曲に、ついベルばらを感じてしまったことありませんか?
B'zの歌には、そんなのがいっぱい隠れています。さあ、CDショップへGO!

※『』内歌詞 作詞:稲葉浩志、作曲:松本孝弘より引用

 

愛のprisoner
B'z 11th Album「ELEVEN」より
 想いが通じる前のアンドレソング決定版?

 あれだけそばにいても報われない想いに、自分を縛り付けるオスカルへの憎しみの感情もきっとあったはず。それでも愛しているし、離れられない・・・まさに「愛の囚われ人」よねえ。

 

紅い陽炎
B'z 6th Album「RUN」より
 全体にわたってOAしてる歌。特に、最後のサビの部分なんてもう・・・アンドレなら、本当に「オスカ〜ル!!」と叫びそうだもん(笑)。

 

Calling
B'z 22th Single
 言葉よりなによりわかりあえる二人。そして、お互いといるときが一番素直になれる。約束なんて言葉にしなくても、ずっと二人は一つ。そんな二人の関係。この歌に集約されていますよね・・・。

 

FOREVER MINE
B'z 12th Album「GREEN」より
 1789年7月13日の夜のオスカルを思い浮かべてしまう曲。
 ずっとそばにいると思いこんでいた人が、幸福の絶頂でいなくなってしまった、自分の驕りを責めているような気がするんです。う〜〜切ない。特に、『本当に好きだって事 気づくのがいつも遅い』ってフレーズは、アニメを思い出します。

 

RING
B'z 30th Single
 アンドレの心の叫び2(笑)。
 オスカルのためなら何でもしてしまうだろうアンドレ。熱いなぁ。


HOMEベルばらページTOPへ