++ イイタイホウダイ ++

ネットのマナー。

サイトを運営していると、少なからずメールをもらう。
それは、とても嬉しいことなんだけれど、時々え!?っていうものもあったりする。
というか、読んで不愉快になるものだったりする。
何も、「拝啓。管理人様におかれましては・・・」なんていう、こっちが恐縮してしまうくらい丁寧な文章を書け、というわけではない。かえって、慌ててしまう。
でもね。
はじめてメールする人に、「はじめまして」も「こんにちは」もないってどういうこと?
挨拶って、人間の基本だと思うけど。そんなの、誰に言われなくても当然だと思うけど。
挨拶があるだけで、気分がよくなるもんなのよね。その先の内容を読もうって意欲もわくってものよ。
友達や知り合いの人と会ったとき。必ず、挨拶するはずなのに。
なぜ、メールではできないんだろう。同じ事なのに。
名前を書いてくれない人。
・・・あんた、誰?なんなの?
そう、思ってしまう。
一度でもメールをもらった人、は数百人にのぼる。そんな人数、メールアドレスや名前なんて、はっきり言って覚えられない。
メルアド見て、誰かってわかるのなんて、一握りの、本当に仲の良い友達だけだったりする。
メールを出す側にとっては、自分だけの相手、なのかもしれないけど、メールをもらった側にとっては、違うのに。
名乗ってくれないと、どこの誰なんだかわからない。
わからないと、メール自体も怪しいと思ってしまう。
実際に会うなら、顔を見てわかるかもしれないけど、メールは文字だけだから、余計に、名乗ってくれないと全然わからない。
はじめてのメールで、いきなりタメ口。
・・・あんた、何様?
そう、思ってしまう。
そんなメール、どんなに良いことが書いてあっても、嬉しくない。読む気なくなる。
私はサイト上で年齢がわかることを書いているせいかもしれない。
年下の子供だ、となめられているのかもしれない。
そんなの、相手が年上か年下か、子供か大人かなんて、関係ないのに。
こんな基本的なことができない人は、大人とは言えない。ただ年齢を重ねているだけ。

メールが気軽になってきたからこそ、日常生活でしているマナーを、ネットにも持ち込んで欲しいと思うのは、私のエゴじゃないと思う。そう、信じたい。