+ DECEMBRE 2003 +

12/31(Mer)★Bordeaux→Paris

 2時間睡眠で起きて、朝7時半のTGVでパリへ。さすがに電車の中では爆睡でした。眠い・・・。
 イクさん宅に荷物を置いて、最後の観光へ。ネットカフェでメールや情報をチェックした後、まずは腹ごしらえ。バスティーユのレオンで久しぶりのムール・フリット。やっぱりムール貝は美味しい!日本じゃ高くて食べれないもん。芯から暖まった後、Maubert Mutualité の警察博物館へ。5区の警察署の中にあるこの博物館には、歴史的事件の資料が沢山集められているのです。17世紀のブーランビリエ侯爵夫人の毒薬事件や18世紀のダミアンによるルイ15世暗殺未遂事件やマリー・アントワネットの首飾り事件、革命期のギロチンの刃などなど、見応えたっぷりです。無料ってのがまた太っ腹。結構楽しめました。
 その後、サン・ジェルマン・デ・プレやポン・デ・ザール、ルーブル裏のサン・ジェルマン・ロクセロワ教会を散歩し、最後の買い物をして(またかよ)、ノートルダムへ。ここで、イギリスからバカンスにやって来ている、Sのイギリス留学時代の友達Hちゃんと久しぶりの再会。メールありがとう!時間がなかったのでカフェでお茶しただけで帰ってしまいましたが、会えるとは思ってなかったから本当に嬉しかったです。ありがとね。


ポン・デ・ザールからのシテ島の眺め

 夕方に帰宅して、大晦日の晩餐Réveillonの準備。鶏肉の肉じゃがにフライパンで温めたお赤飯。それにビュッシーの市場で買ってきたサーモンと卵のゼリー寄せにチーズ、シャンパンにデザートはボルドー土産(買ったのはモンパルナスだけど)のカヌレ。う〜ん、素敵じゃないですか。キャンドルに灯をともし、なかなか素敵な食卓になりました。
 そして、10時半には防寒対策ばっちり、デジカメを持って手ぶらでエッフェル塔へ。すでにメトロの中は人で一杯で、中にはすでに出来上がっちゃってる人も。ちょっと早いかな?と思ったけれど、トロカデロ駅からシャイヨー宮の公園に入り、エッフェル塔を綺麗に見渡せる階段に悠々と陣取ったのが年越し30分前。ちょうど良かったようです。エッフェル塔周辺では花火が上がり、最高に綺麗!そして、いよいよ12時。カウントダウンはなかったけれど、その瞬間、エッフェル塔がキラキラと光りだし、花火が上がり、最高の年明けとなりました。来て良かった〜!!
 帰るのはかなり大変だったけど、それでも楽しかったです。年越しそばを食べて、ぐっすりおやすみ。


和洋折衷レヴェイヨン

年越しそば〜


Bonne Année 2004!!

12/30(Mar)★Bordeaux

 朝からボルドー散策へおでかけ。明るいところで見るボルドーは全然変わっていないようでちょっと変わっていて、でも懐かしいままで。歩きながら、懐かしさに泣きたくなってくるくらいでした。
 大きく変わったのはトラムが開通したこと。私がいた去年は工事真っ盛りでしたが、それも半分くらいに減って、サン・タンドレ大聖堂前や工事現場で埋まっていたヴィクトワール広場は綺麗に整備され、見違えるようでした。先日の開通式にシラク大統領が来るというので突貫工事をしたとは思えない綺麗さです。フランス人もやればできるんじゃん。この調子でどんどん開通して、美しいボルドーの町並みが戻るといいな。
 散策しながら友達に会ったり、今日もガラガラなヴィトンで頼まれもののついでに自分のバッグもご褒美で買ったりして。たまにはいいよね。そして、昼過ぎからAちゃん宅へ。久しぶりに喋ってるのに、なんか違和感なくて、おかしい。積もる話も山のようにあって、あっという間に時間が過ぎてしまいました。時間が足りない!


見違えたヴィクトワール

綺麗になったサン・タンドレとトラム

 仕事にでかけるAちゃんと一緒に出て、散策を続けたり買い物したりしつつ、トラムにも乗ってみました。メリアデックと右岸を結ぶトラムは新しくてぴっかぴか。誰もが慣れていないのか、切符の自販機では皆が立ち往生。「どうやるか教えて」って言われても、私も初めて。ピエール橋を渡り、右岸に着くと、汚くて暗かった右岸が綺麗に整備されていてまたまたびっくり。ここから見た市街のイルミネーションはすごく美しかったです。


トゥルニーのイルミネーション

整備された大劇場前の眺め

 夜、カフェジャポネに顔を出したりキモノでまたご飯を食べたり、Aちゃんのパソコンを借りてSEしたり、呼び出して飲んだり。最後はS君宅での飲み会に顔を出し、寝たのは3時。ボルドー滞在、1日じゃ短すぎたと今更ながらに後悔しました。


対岸からのCentre Villeの眺め

12/29(Lun)★Paris→Bordeaux

 朝、仕事に向かうイクさんと一緒に家を出て、まずがルーブルへ。朝イチだったおかげでチケットの列も少なかったのですが、お目当ての17〜18世紀フランス絵画もオランダ絵画も今日は閉館。それじゃ意味ないので、そのままルーブルを後にしてコンシェルジュリへ。ここは何度も何度も来ているので、前回取り忘れた写真だけ撮って、ここもさっさと後にし、隣のサント・シャペルの列に並びました。数年ぶりに訪れたサント・シャペルはやっぱりステンドグラスが美しくて、しばしうっとりと堪能しました。心が洗われるなあ。
 ランチにシャトレのカフェで今日もまたオニオングラタンスープを食べて暖まり、夕方まではお買い物。レアールにあるジャック・ゴムでバッグを、ギャルリ・ラファイエットで頼まれもの&自分の化粧品や香水を大量購入したり(買いすぎ・・・)、マドレーヌのお気に入りショコラティエ(チョコ屋)、マルキーズ・ド・セヴィニエでこれまた大量購入したりで、あっという間に荷物で一杯になってしまいました。買いすぎです。前回のパリでは留学中でお金もなかったため、買いたいものも我慢しっぱなしだった反動でしょうか。
 夕方に一旦イクさん宅に帰って、荷物を持って今度はモンパルナス駅へ。途中、もう一度オペラ裏のデパート街に寄って、イルミネーションを撮りに行きました。ミレナリオみたいなギャルリ・ラファイエットに対して、プランタンはどうなのよ・・・このピンク、なんかかわいいとか美しいとかっていうより、ス●●ップ屋みたい。一昨年はこれまた毒々しい赤一色だったし。プランタン、やばすぎ。


ミレナリオなギャルリ・ラファイエット

お隣のプランタン・・・

 モンパルナス駅からTGVで3時間、ボルドーへ。タクシーで街中に入ると、聞いていた通り美しく飾られたボルドーがありました。イルミネーション、すごく綺麗!頑張ったなあ。
 荷物を置いて、Aちゃんの働くレストラン「キモノ」へ顔出し。寿司を握り忙しいAちゃん相手にカウンターに陣取って久しぶりの再会を喜びました。一杯飲んで、ちょっとお寿司をつまんで、お喋り。でもさすがに疲れてて後の飲みはパスしてしまいました。ごめん、皆。


サント・カトリーヌ通りのイルミネーション

12/28(Dim)★Paris

 冷たい雨の降る中をイクさんと一緒にバスティーユのマルシェへ。新鮮で美味しそうな野菜にフルーツ、海の幸にキノコ屋にチーズにパン、何でもアリなマルシェの空気が私は大好き。浮き足立ってしまいます。ゴキゲンついでに、かわいいヒョウ柄の帽子を購入。帽子とお揃いのマフラーと手袋付きで10ユーロって安い!こういうのってなかなか日本にはないから嬉しいです。さっそく被ってみると、数人のおばちゃんに「それいくら?」と聞かれました。へへ、いいでしょこれ。
 続いてメトロで17区へ。美しいモンソー公園を散策し、隣接するニッシム・ド・カモンド美術館へ。ここは19世紀末の大金持ちが自分の趣味である18世紀美術を持ち込んで作った、オタクな邸宅なのです。仲間?美しい邸内にはルイ15世様式や16世様式の美しい家具をはじめ、18世紀の美しい絵画も一杯。ヴィジェ=ルブランの絵が2枚もあることには驚きました。18世紀で一杯のお屋敷なのですが、シンクやトイレは今のフランスと同じで・・・っていうか、今のフランスは100年前から全然変わってないってことで、驚くやら呆れるやら。そりゃ頻繁に壊れるってもんです。
 ランチはレピュブリックにあるレストランで。美味しいオニオングラタンスープとシュークルートを食べましたが、担当のおばちゃんが忙しさの為かものすっごく不機嫌で、こっちまでいやな気分になってしまいました。そのくせ食べ終わる頃にはやっと忙しさも落ち着いたせいかゴキゲンになっちゃってて、フランス語を褒められたり。注文したときなんて何度言っても「理解できないわ」とか言ったくせにねえ。いつものこととはいえ、フランス人の機嫌の変わり身の早さには呆れますよ、ホント。
 イクさんに付き合って郊外まで帰国売りのテレビを引き取りに行き、陽も落ちた頃にマレ散策。日曜日だというのにさすがに人で一杯で、ざっと歩いてウィンドウショッピングしただけで帰ってきました。明るいところで買い物しないとイマイチ気分が乗らないなあ。
 夕食を食べつつイクさんとお喋り。いやあ、相変わらず波瀾万丈すぎるフランス生活です。私はわりと何事もなく日々が過ぎていったので、かなり興味深く、そして面白いです。頑張れ〜!


モンソー公園

オタクなニッシム・ド・カモンド美術館

12/27(Sam)★Paris

 今日からフランスです。7時前に家を出て空港へ。途中の電車からかなり混雑していたのですが、成田空港はまっすぐ歩くのも困難なほどの混みよう。成田でいろいろ用事を済ませようと計画していたけれど、そんなにのんびりしている時間もなく、チェックインしてJCBのSCに寄って旅行保険掛けてちょっとだけ両替して、なんてやっているうちに、出国審査には長蛇の列。慌てて並んで、免税店で目当ての化粧品を買って、搭乗口に着いたのは登場時間ギリギリ。こんなに焦ったのは初めて・・・。
 空港の混雑の影響で出発は約1時間遅れ。初の2階席にわくわくして、パーソナルテレビで映画を見たりゲームしたり、寝たりして13時間。やっとパリはCDGに着きました。途中の強烈な向かい風で飛行時間も+1時間。最終的に2時間も遅れての到着になってしまいました。疲れた〜。
 空港からロワシーバスでオペラへ出て、そこからバスに乗り換えてバスティーユ方面へ。迎えに来てくれたイクさんとともに彼女の家に到着〜。あたりは真っ暗。もうすでに18時だったので、荷物をおいて早速おでかけ。行き先はバニョレにある「赤い鳥」ことオーシャン(大型スーパー・・・)。初日から何やってるんでしょう。オーシャン大好きな私、パリというかフランスで行きたいところはまずここだったのです。久しぶりの赤い鳥に囲まれ、大量にお土産(もう!?)のお菓子を買い込み、年越し用のシャンパンを買い、幸せです。スーパーっていいよねえ。ほんとに。
 家ではイクさんにスーツケースの半分を占めていた救援物資の数々を引き渡し。改めて見るとすごい量でした。買いすぎた?

12/26(Ven)

 今日で仕事納め。最終日までしっかりと通常業務が残っているのですが、空き時間を見つけて大掃除。朝から社長がなぜか大張り切りで、皆で頑張って掃除したおかげで、4時には締めのお寿司(社長のおごり♪)で一杯、になりました。なんだかあっという間に年末という感じで、まだ実感がありませんが、無事に今年も終わりそうです。
 6時にはお開きになり、お歳暮でいただいたビールの山を抱えて最後の買い物をし、帰宅。あとは荷造りなのですが、なんだかなかなかやる気が起きなくて、MステSPをのんびり見たりしていたら夜中になってしまいました。結局荷造りが終わったのが1時。今になって買い忘れも思い出すし、旅行中の計画も何も立ててないし、ダメダメだなあ。無事に行けるのかしらん。

12/24(Mer)

 クリスマスイブ、仕事を定時でさっさと上がり、ダッシュで退社。行く先は東京ドーム。そうです。ライブです。私にとって今日が今年のライブ納めです。いつもなら歩いて30分はかかるのに、20分弱でドームまで到着しました。愛ってすごい(笑)。
 席は2階なのでかなり遠かったですが、思ったほど音のズレもなくて、良かったです。クリスマスということで期待してた「いつかのメリークリスマス」もアンコール一曲目で聞けて、幸せ!イントロが流れた瞬間の会場の歓声もすごかったなあ。大好きな「Don't Leave Me」も「Motel」もシャウトに酔いしれたし、シェーンのクリスマスな頭もかわいかったし、松ちゃんの「華」にはうっとりしたし。踊りまくり腕振りまくり、幸せなイブでした。おつかれ〜!!
 ライブの後に寄った茶水の飲み屋、カップルだらけでした。ここでもか・・・。

12/21(Dim)

 年末の旅行の買い出し。頼まれていたもの以外にも目に付いた物をどんどんカートに放り込んでいたら、すごい量になってました。スーツケースに全部入るかなあ・・・。

12/20(Sam)

 3ヶ月ほどもほったらかしにしていた頭をどうにかすべく、美容院へ。最初はカラーとカットだけのつもりだったのですが、ふと思い立って久しぶりにパーマをかけてみました。ゆる〜くウェーブかかってちょっとフェミニンになった気が。しかし、行き当たりばったり。担当さんもびっくり。私もびっくり。カラーのチェンジは次回に持ち越し。次はパープル系にしてみたいな。

 ところで。この日記でもお馴染み、ジンコさんが、そのご友人みどりさんのステキな写真を使って2004年のカレンダーを制作しました。これが、とっても素敵なんですよ。幻想的な「あかり」と共に浮かび上がる美しいフランスの風景が心を癒してくれること間違いなし。先月、私が苦労して仕上げたへぼへぼフランス語訳もついてます。このカレンダーの通販はこちらのサイトまで。
 ぜひお手にとっていただきたい、珠玉の作品です。

12/15(Lun)

 気が付いたら12月も半ば過ぎ。年末のフランス旅行まであと2週間しかありません。それなのに往復の飛行機くらいしか手配してません(しかも夏に確保済みだったし)。ボルドー行きの日程も何も考えていません。年末はTGVのチケットだって取りにくかったのを忘れてました。慌ててTGVの時刻を調べたり、日程を練ったり。う〜ん、ちゃんと行くまでに計画立てなきゃ。

12/11(Jeu)

 昨夜は遅く帰り、今日は朝早く出発。結構バテバテです。しかも、昨日の寒さで風邪気味だし。最悪だ・・・。さらには平日の朝ということもあって道路はめちゃ混み。いつもなら30分で行けるはずの兄貴の家まで2時間もかかりました。間に合ったから良かったものの、喪主一家が遅刻じゃ洒落になんないよ・・・。
 今日は昨日にもまして寒く、斎場→お寺→お清め会場→祖母宅→兄貴宅→自宅、と移動が多かったこともあって、帰りの車の中ではぐったり。風邪も本格化、つらいよ〜。

12/10(Mer)

 今日・明日は祖母の葬儀でお休みをもらいました。今日は昼過ぎから移動するので、朝は病院や銀行など日頃行けないところに行って用事を済ませました。銀行に行くのなんて久しぶり。記帳してみたら2ページもたまってました。
 お昼すぎに車で出発して横浜へ。道は思ったほど混んでいなかったので、予定より1時間以上も早く着いてしまいました。寒いし。横浜の斎場は横浜と言っていいのか?というくらい山奥にあり(実際、山を切り開いて作ったらしい)、町中よりも気温は数度下回っていたような・・・。
 近親者だけの葬儀なので、ひっそりと、なのですが、なにせ親戚が多い家。久しぶりに会ったイトコ達やその子供たちの成長ぶりになんか感激しました。それにしても子供同士ってすぐ仲良くなるのね。5歳の子と8ヶ月の子、あっというまに仲良くなって、抱っこしたりしてました。子供ってかわいいなあ。

12/7(Dim)★福岡ふたたび

 前日あんなに夜更かししたのに、今日は頑張って10時起床。朝食後、新婚夫婦と共に街へ繰り出しました。途中、天神の一風堂で並んでいるB'zファン友達に会って、その後キャナルシティへ。ここは建物自体なかなか複雑なショッピングスポットだそうで、どこ歩いているのかわからなくなるくらい複雑な作りをしています。ヴィーナスフォートみたい。でも、中庭?のイルミネーションはとってもステキでした。
 空港まで送ってもらい、夜の飛行機で帰京。お二人さん、いろいろ本当にありがとう!ジンコさん、また春に(笑)。


キャナルシティのイルミネーション

 帰宅してみると、父方の祖母の訃報が。入院したのが2週間ほど前で、そんなに悪いとも聞いてなかったので、呆然としてしまいました。来週お見舞いに行く予定だったのに・・・。91歳、大往生かとも思うけど、やっぱり悲しいのには変わりないです。せめて兄貴の結婚式を見せてあげたかったな。

12/6(Sam)★福岡ふたたび

 先々週に訪れた福岡にまたまた行って来ました。今日の飛行機はお昼出発なので、ゆったりゆったり。
 天神でジンコさんと合流して、まずはラーメン(笑)。有名店の一風堂に行きました。この前の一蘭とはまた別だけど、すごく美味しかったです。並んででも食べる価値あるなあ。東京のお店も行ってみよう。
 その後、福岡ドームへ。福岡タワーをちょこっと見てから、今回の旅のメイン・イベント、B'zのライブに向かいました。今回のツアーは今日が初参加。しかもネタバレを見ずに参加したのは珍しいのです。開始前からドキドキワクワク。地に足が着いてませんでした(笑)。

 ライブでは、「これをやってくれたら泣く」と昼間に言っていた、「Don't Leave Me」や「MOTEL」、大好きなアルバム「The 7th Blues」の曲をやってくれて、大感激!夢かと思いました。もうきっと生では聞けないと思っていたもの。じっとしていられなくて、思わず地団駄踏んじゃいました。稲葉さんの声も調子良くて、も〜〜最高!のシャウトを聞けました。この3曲だけのためでも、福岡まで来て良かったです。

 ライブの後はジンコさんのダンナ様とお友達と一緒に居酒屋へ。同じ日本、そんなに違いはないと思ってきましたが、そんなに甘くはありませんでした。普通の居酒屋のメニューに馬刺があったり、焼き鳥がおかわり自由のキャベツの上に置かれたり。うちのほうじゃありえません。何より驚くのが、「焼き鳥」には豚バラが欠かせないということ。焼きなのに。それじゃじゃないじゃん。おかしいよ、日本語として!
 そんなカルチャーショックを受けつつ、楽しく飲んで、ジンコさん宅へ。新婚のジンコさん宅に泊まるのは私が初めてだそう。帰宅したのは既に2時だったのに、それからまたワインを開けて飲み続け、寝たのは4時。飲み過ぎだ(笑)。


福岡ドーム

HOME