+ JUIN 2002 +

6/28(Ven)★Fête du vin

 昨日から4日間、ボルドーでは2年に1回のFête du vin(ワイン祭)が行われます。そりゃもう町中がお祭り騒ぎ。10ユーロでボルドー地方のワインが11種試飲できるのです。ヨーロッパ一大きな広場であるカンコンス広場には、沢山のテントが並び、イベントブースも沢山。
 私たちも早速チケットを買い、白から試飲開始。まずは白の辛口、Entre-Deux-mer。ブースの人と話しながら美味しいワインを飲み、いい感じで酔っぱらい始めたところ、ブースの人がいきなり「アラン・ドロンがいるよ!」と言い出しました。見ると、私たちがいたブースのそばにあるステージで、有名人ゲストが多数来てセレモニーをしているではありませんか。慌ててカメラを取り出して近寄ってみると、あの、あの、アラン・ドロンが〜!!かっこいいです。年取ってもやっぱり素敵。ロマンスグレーです。そのほかにも、「ファッション通信」でしか見たことがなかったソニア・リキエル、柔道のドゥイエ、TF1のニュースキャスター(眉毛がないダンディおじさま)、そして、ボルドー市長だけど実際に見たことがなかった元首相アラン・ジュペ、その他にも有名人が!思わず興奮しちゃいました。いやあ、こんな近くで有名人見れたの、フランスに来て初めてです。ボルドーで見れるなんて。ボルドー、侮れないなあ。
 数杯のワインを飲んで、すっかりいい気分に出来上がってきました。ワインを飲み、美味しそうなおつまみの出店もあり、満足満足。バゲットとチーズを持参すればもっと良かったかもしれないけど、それでも十分楽しみました。今年、ボルドーにいて良かった♪




テーブルまでとことんワイン。

6/25(Mar)

 もうすぐメキシコに仕事しに行くことになったルカを呼んで、和食の夕べ。今日のメニューは、ちらし寿司にトンカツ、デザートは牛乳かん。久しぶりに揚げ物です。豚肉が美味しいフランスだから、トンカツなんてぴったり。そして、Kちゃんが持ってきてくれた麻婆春雨!うわ〜懐かしい。日本人二人は大盛り上がり。ん〜、なんとも日本な食卓になったなあ。
 幸い、料理は好評(特にKちゃんに)だったのでホッとしました。やっぱり日本人にとってはなじみの味だもんね。ルカもまずまず気に入ってくれたようで、こちらも一安心。外国人にしては、お箸の使い方もすぐにマスターして、完璧。コレで君も日本に行けるよ(笑)。
 満腹になった後、サルサバーへ。ここでは毎週無料のサルサ教室があるそうで、私は初参加です。初めてステップを習ったけど、途中で足がもつれそうになったりしつつも、30分も経った頃にはなかなか上手く踊れるようになってきました。ルカは足もつれまくってたけど、大丈夫?一通り踊り終わった後、疲れたルカと共にメキシコのカクテル片手にサルサ見物。いや〜、みんなすっごく上手い。滑るように軽やかに楽しげに踊ってます。こういうふうに踊ってみたいなあ。ちょっとはまりそう。日本でサルサ教室探そうかな。

6/21(Ven)★Fête de la musique

 今日6月21日は、フランスではFête de la Musique(音楽祭)。ボルドーでも至る所で音楽が鳴っています。私も夕方からAちゃんと街に出て、祭を楽しむことにしました。
 ショッピングストリートであるサント・カトリーヌ通りを中心に、広場という広場、通りという通りでバンドがいます。かなりオヤジな人たちのかっこいいロックバンドから、高校生バンド、家族バンドまで、音楽の種類も民族色豊か。出店も一杯、映画館まで早めに閉店したりして、すっかり盛り上がっています。町中を歩きながら音楽鑑賞して、最後にケバブを買って、風邪引きの私は帰宅。4時間くらい歩き回っていたけど、街が華やいでいて楽しかった。ん〜、いいねえ。


 そう、ケバブ。フランスにはマグレブ系移民が多いからか、ケバブ屋さんが多いです。しかも、かなり美味しい。フランスに来たら、バゲットサンドよりもケバブをお勧め。野菜たっぷり、ボリュームもたっぷり。一度は味わって欲しい、このB級グルメ。

6/20(Jeu)★日帰りPARIS

 帰国前にアルルやアヴィニヨンに行くというJちゃんと共に、私はパリ行き。しかも日帰り。ちょうどパリに旅行に来ている、織姫と村崎さんに会いに行くのです。なかなかハードスケジュールだけど、まあ、大丈夫でしょう・・・。
 お昼にパリに到着し、二人の泊まっているホテルで再会。村崎さんとは約1年ぶり、織姫は半年ぶり。なんとも懐かしい。ホテル近くのスノッブなカフェでランチ。・・・パリって、パリって、高いのね(泣)。カフェがボルドーの2倍だよ・・・。ランチで15ユーロするなんて、ディナーで10ユーロなボルドーとは大違いです。都会だわ。
 一旦リュクサンブール公園でのんびりしてから、ホテルの部屋でお喋りすることに。ひさびさのオフ(?)だというのに、殆どベルばらの話はしなくて、やっぱりW杯の話ばかり。織姫が持ってきた3冊のサッカー雑誌をもらって、見ながら日本の今の話。ん〜〜〜なんだか、携帯の進化はすごいのね。なに、40和音って?こっちはいまだにショートメールよ。Eメールじゃないのよ、ショートメール。写メールだなんて、何年先なんだろう。すごいなあ、日本って。
 そんなことばかりしていたら、あっという間に帰りの時刻になってしまい、モンパルナス駅へ向かいました。二人とも、貴重な旅行の時間をくれてありがとう。
 帰りのTGVの中で、必死にさっきもらったサッカー雑誌を読んでいると、隣の男の子が話しかけてきました。しばしサッカー談義で盛り上がり。やっぱりブラジルは強いね、決勝はどこだと思う?などなど、なかなか楽しいものでした。しかし、次々出てくるサッカー雑誌にびっくりしてました。でも好きなのよ〜。

6/19(Mer)★Pays Basque

 去年の夏、一緒にホームステイしていたときから行きたいと言っていたサン・セバスチャン。今回が最後のチャンス!と、行くことにしました。
 本当は早起きするはずだったのに、起きたら既に予定の電車が出発した時刻。それでも慌てて準備して、次の10時半のTGVには間に合いました。で、スペイン国境のHendayeに着いたのが13時頃。ここで、スペイン・バスク地方を走るローカル電車に乗り換えなのですが、その駅に行くと、なんとスペインがスト!数本の電車は動いているのですが、次の電車でサン・セバスチャンに行ったとしても、30分後の電車に乗らないと帰って来れないことに。それでは意味がないし、そのほかの交通手段もストだということで、諦めて帰ることにしました。なんてこったい。スペイン、近いのに遠い国・・・。
 仕方がないので、街に入って、バスク料理かスペイン料理を食べて帰ろうということになり、うろちょろしていると、若い兄ちゃんがいきなり「君たち、日本人?」と話しかけてきました。なんでも、パリに住んでいて、今は友達の持っている家にバカンスに来ているそうで、日本が好きで何度も行ったことがあるそう。10分くらい話しただけで、いきなり「あとで友達の車でスペインか隣のサン・ジャン・ド・リュズに行くから、スペインに連れてってあげるよ!」と言い出しました。怪しい。Jちゃんと顔を見合わせ、なんとか断って、とりあえずバスク料理のお店のありかを町の人に聞いてもらい、別れました。う〜ん、もしかして、あれってジャポセン(パリに多いという、日本人専門のフランス人ナンパ男)?何度も「いい。今日はお昼食べて帰ることにした」と行っても聞かないし、なんだかんだで1時間くらいねばられたし。本当は親切だったのかもしれないけど、初対面の人の車は危険だって。
 気を取り直してバスク料理でランチ。前菜に鰯のソテー。まんま鰯の焼き魚で、とても懐かしい味!(しかし7匹は多すぎ)メインは、念願の典型的バスク料理、ペピラード!あっさりしていて、とっても美味しい!デザートに自家製プリンを食べ、ゆっくりすごして大満足でした。今日、サン・セバスチャンに行けなかったのは、きっとバスク料理を食べるためだったのね。
 電車の時間まで、Hendayeの街からスペインの街を眺め、ほんのちょっとだけスペインに思いを馳せました。スペイン、教会までフランスとはどこか違う。やっぱり一度は行ってみたいなあ。はあ、この滞在中に行けるのかしら?

6/18(Mar)

 今日も丸一日テスト。DELF1で一番難しいというA3とA4です。A3の筆記は確かに難しく、量も多くて終わらなかったけど、授業で散々評論の長文を読んだり書いたりしていたせいか、昨日のA2よりもかえって簡単に思えたくらい。A4は予習していたようなものが出たのでこれも大丈夫そうだし。今日は大丈夫かな?
 お昼は、学食が開いているということなので、最後の学食へJちゃんを案内。定番の鶏肉のロティとポテトとも、これでお別れなのね。なんだか名残惜しいわ。記念に写真を1枚。

 午後はA3の面接。記事を読んで、内容説明と意見交換だったけど、これも授業でよくやっていることだし、内容も簡単(というか話しやすいもの)だったので、たぶんクリア。これで、やっと本格的にバカンスです。やった!結果は7月頭。全部取れているといいんだけど。・・・A2が、やばいな。
 ともあれ、バカンス突入!なので、昨日まで我慢していた酒盛り(笑)をするため、ワインショップでいつもよりもずっと良いワイン(それでも1500円くらい?)を買い、ピザなんかをつまみに乾杯♪あ〜、やっぱり高いワインは美味しい!

6/17(Lun)

 久しぶりに早起きして、DELFヘ。初日の今日は、A1とA2です。A1の筆記は簡単に終わったのだけど、A2の筆記の問題が・・・こ、これをどうしろと?というような文章で、全然わからなかった・・・ちくしょ〜、簡単なはずのA2でこんななんて。やばいなあ。
 午後は二つの面接。こっちは緊張したわりに、なんとか無事に終わったようで。A1は大丈夫だろうけど、A2・・・筆記の出来次第だな。ひ〜〜。甘く見すぎていたわ。

6/16(Dim)

 明日からのDELFを受けに、パリからJちゃんがやって来ることになっている今日、朝市に寄って駅まで迎えに行きました。その途中、バスを待っていると、怪しいオヤジが色々と話しかけてきました。うざいので適当に返事をしていたのに、混んでいるバスの中でも常に追いかけてきます。駅まで行くことは言ってしまったので、駅に着いてからも付いてきます。電話番号を渡すから電話しろ、こっちからかけるから電話番号を教えろなんて言い出しました。いいかげんに離れて欲しかった私、オヤジの「俺は今彼女がいないんだ」発言に呆れて、「でも私はいるんだけど!」と反撃。そしたら、思いの外あっさりと去ってくれました。「彼がいる」と言ってもお構いなしのフランス人なのに、よくこの台詞で去ってくれたなあ、なんて変な感慨に浸ってしまいましたよ。ああ、それにしても、朝から不愉快だった。
 そんなことがあった後、無事にJちゃんと再会。やって来ました。本当に久しぶりの再会!ボルドーはすっかり真夏の陽気で、暑さに驚いていました。
 ゴロゴロしつつ、明日のテストの勉強を軽くしてみたり。なんだか、全然やってなかったけど、やばいかも?大丈夫かなあ?

6/14(Ven)

 今朝は8時半から日本対チュニジア戦の放映。今回は、近所のアイリッシュパブでみんなで観よう!ということになっていたのですが、起きたら8時半。慌ててテレビをつけると、ちょうどキックオフしたところでした。そのまま観戦して、ハーフタイムに皆に電話したところ、全員起きれなかったようで・・・結局、各自自宅で観戦となりました。一人で盛り上がるのは寂しかったけど、それでも日本、決勝トーナメントへ予選1位通過バンザ〜イ!大好きなモリシが交代早々ゴール決めてくれて、もう最高です!わ〜い♪
 夜は、Tちゃん宅で夕食会。Tちゃんの彼と初対面。でも、良いヤツで良かったね。ちょっと下ネタ多いけどさ。お喋りしながらマリネやらサラダやらグラタンを食べて、UNO大会になりました。高校時代にはよくやったUNO。何年ぶりだろう?ルールも忘れがちで、1回目はなかなか上手くいきませんでした。2回目からはコツを思い出してきて、頑張ったけど、結局1回も勝てなかったのが悔しいです。UNOが強い人は性格悪いって言うから、勝てなくて良かったのかな?ねえ、ダントツで勝ったエリック!ともあれ、なんだかんだと楽しい夜でした。

6/11(Mar)

 一応、通年の授業も終わり、あと数ヶ月で帰国です。早いもので、渡仏してもう11ヶ月が経とうとしています。この1年近くで、色々な見方・考えが変わってきました。そんな中、同じくほぼ1年留学しているイギリスのSと、またまた電話で長話。
 来る前は、フランスから帰れなくても良いとさえ思っていたけれど、実際に生活してみてわかったのは、やっぱり自分は日本で暮らす方がいいのかもしれない、ということ。フランスでの生活が嫌いなわけではないし、楽しくないわけでもない。それなりに楽しいし、生活するにはとても良い国だと思う。だけど、それでも、数年後の私がフランスで生活しているイメージは、どんなに考えても浮かんでこなかった。私には日本が合っているんだな。それに加えて、数年の社会人生活を経験して、それなりに仕事にも生活にも困らない生活をしていたからかもしれないけれど、今の不安定な学生という立場は苦しすぎた。これ以上、今のこの状態を続けることは無理だと感じてしまったのです。あれほど働きたくないと思っていたけれど、今は早く仕事を見つけて働きたいという気持ちで一杯。とりあえず、フランスにいる間はいろいろ楽しもうと思っています。それでも、日本に帰りたいな。日本が恋しいな。
 二人してそんなことをずっと話していました。こうして、似た環境で生活して、分かり合える友達がいてくれて、良かったな。イギリス−フランス間の電話代、累積したらきっとすごいことになりそうだけど(苦笑)、それでもへこんだり何かあったときにすぐ話せて、本当に助かったよ。ありがとね。

6/9(Dim)

 今日は日本の第2戦。やっぱりみんなで観戦したいよね、ということで、Mさん宅へ集まりました。試合が始まる前から、小泉首相や天皇・皇后両陛下の姿を見ては大騒ぎ。やっぱり私たちは日本人。
 試合中は、ひたすらテレビに釘付けで、点が入ったときにはもう大騒ぎ。試合終了のホイッスルが鳴った時には、みんなで抱き合って喜び合いました。あんまり嬉しくて、何も考えられなくなってしまいました。そしたら、思わず今までの日本サッカー史を思い出して、涙が浮かんできてしまいました。85年の対韓国戦の木村和司のFK、ドーハの悲劇、5年前のW杯出場を決めたあの岡野選手のシュート、前回大会、そして今回。長かった。よくここまで強くなったなあ。日本、バンザ〜イ!!

6/8(Sam)

 試験も無事(?)終わったので、今夜は思い切り遊ぼう!ということで、久しぶりの夜遊びです。夕食はJAZZのかかるレストランで。ワインを飲みつつ、たらふく食べてすっかりゴキゲンです。
 その後はクラブへ。フランス来てからクラブるのは初めてだったりするので、結構楽しみです。0時を回ったばかりで、まだまだ人もまばらなクラブでしばらくのんびりまったりお喋りし、1時間くらいしたところで踊り始めました。最初は私たちだけだったのがどんどん増えてきて、1時間も経つ頃にはフロアは人だらけになっていました。2時間くらい踊り続けていたのですっかり疲れて足も痛くなってきたのですが、ニューカレドニア人のヴァレリーは元気一杯。一度も休憩せずに踊り続けています。私も一緒に休み休み踊っていましたが、さすがにギブアップ。3時で先に帰ることにしました。週末は夜遊び人向けにバスがあるので大助かり。踊りすぎて、家に着いたらもう足が動かせませんでした。でも、久しぶりで楽しかった!

6/7(Ven)

 朝イチの文法のテストで、試験終了。今回は本当につらかったし、ボロボロでした。結果なんて見たくない〜!どれか一モジュールでもクリアしているのはあるのかしら?
 試験と平行してすっかり風邪を引いていたので、今日は帰宅早々ベッドでお休み。13時半キックオフのイングランド戦を見てから、ちょっとお昼寝・・・のつもりが、起きたら既に10時。やっぱり、疲れているのよね、そうよね。でも、これでバカンスだ〜!

6/6(Jeu)

 テストの峠も越えたところで、W杯期間中の特番を見にKちゃんが遊びに来ました。いつもはこの番組の中に日本の紹介コーナーがあり、いつも変なことを紹介しているのですが、今日はフランス戦があったためか、そのコーナーはお休みのようでした。う〜ん、残念。見せたかったのに。それ以外にも、W杯用のCMに力士が出てきたり、秋葉原が舞台のCMがあったりするので、テレビを持っていないKちゃんには楽しんでもらえたようで嬉しかったです。ついでに試験中の恒例メニューのカレーを消費してくれてありがとう(笑)。

6/5(Mer)

 昨日は勉強にならず、相当やばい状態で突入したテスト。1つ目の商業フランス語は勉強不足が思い切り影響してボロボロ。やられた・・・。
 午後はEcrit。予想通り、弁証法で小論文を書くという問題。時間は2時間しかないので、構想30分、下書き1時間、清書30分と時間を配分して始めたのですが、途中1時間くらい経ったところで主題から内容が離れて行っていたのに気づいて、慌てて練り直し。慌てているからか、イマイチまとまらない。そのまま時間がなくなってきたので慌てて最後の15分で清書し始めたけど、すごい勢いで書いていたから手が痛くなっちゃうし、書いてみたら全然短いし・・・結局、規定の半分の量しか書けてなくて、しかも論点がずれているような気もするし、失敗したわ・・・。もっと組み立ててから下書き始めるべきだったなあ・・・。あと1時間欲しかったな。

6/4(Mar)

 今日はとうとう日本戦。昨日から始まったテストも、今日は私はお休み。これは天の恵みだわ!(大げさ)見れない人の為にも、一生懸命応援しなくては。
 はらはらどきどきしながら、何か動きがあるたびにテスト中の友達にショートメールを送り、手に汗握って観戦。初めての勝ち点獲得!良かった〜!よくやった、日本!次こそ勝ち点3だっ!

6/2(Dim)

 明日から試験だというのに、勉強しなくてはいけないというのに、すっかりW杯に夢中です。というか、今まで全試合見てます。一番早い試合は7時半だというのに、いつもはできない早起きだってしちゃいます。見たいんだもん。この情熱が勉強に向けばねえ・・・。
 今日はイングランドが登場。4年ぶりに見るオーウェンはすっかり凛々しくかっこよく逞しくなっていて、感動です。4年前の衝撃デビューのときはまだあどけなくてかわいい少年だったのに、大人になったんだねえ(涙)。ベッカムも間に合って本当に良かった♪

HOME