+ MAI 2002 +

5/31(Ven)

 とうとう始まりました、サッカーワールドカップ。ずっとずっと待っていた自国開催だというのに、何故私は今日本にいないのでしょう。もう、大馬鹿者です。はあ・・・テレビでほぼ全試合放映されるのがせめてもの救い。
 さて、わくわくしながら開幕戦のフランスvsセネガル戦を観戦。日曜日に行われたフランスと韓国の親善試合を見ていて、ちょっと心配していたことが現実の物になってしまいました。まさか、フランスが負けるだなんて。うわ〜〜〜〜、こりゃこの先どうなるかなあ。
 深夜、そのワールドカップの話で2度目のラジオ出演。第一声が「負けましたね・・・」でした。本当に、予想外の展開でしたよ。どうなる、ワールドカップ!?

5/29(Mer)

 今日で全ての授業が終わります。それなのに、それなのに、私ってば・・・その、記念すべき最終日に、しっかり寝坊してしまいました(自爆)。ああ、なんだか堕落しきっていた今学期の私を象徴しているかのようだわ。もう、最後に自己嫌悪。心配して電話くれた皆さん、こんな理由でした。ごめんなさい。

5/27(Lun)

 連休中に苦労した小論文が返ってきました。苦労した甲斐あって、BIENでした。いや〜、こんな良い点取ったのなんて、文法以外じゃ初めて。嬉しい。さらには、「良い例」として取り上げられた3人に入ってしまいました。ひぃ〜〜〜。内容は覚えていないので、時間切れで紹介されなくて良かったけど、こんなことはフランスに来てから初めてだったので嬉しかったです。このTechnique d'Expression Ecriteは大変で全然わからなくて苦労したけど、サボりまくっちゃったけど(爆)、最後に頑張って良かったな。

5/24(Jeu)

 久しぶりに我が家でFete。ずっと前に送ってもらった、麻婆豆腐の素を使い切るため、中華Feteとなりました。スーパーではなかなか売っていない豚挽肉は昨日お肉屋さんで挽いてもらった新鮮品。豆腐もインスタントの素で手作り。もしかしたら日本で作るよりも贅沢かも。付け合わせのご飯は、これまた日本から送られてきた正真正銘の日本米。こっちで売っている日本米とは比べ物にならないくらい美味しいのです。それに野菜炒めにKちゃん提供のワカメサラダ、バナナアイスが今日のメニュー。懐かしい味に感動しつつ、飲みまくり喋りまくり、用意した酒はあっという間になくなってしまいました。酒の買い出しに行ったものの、12時を過ぎていたため、近所のお店はどこも閉まっていて、買うことができず・・・欲求不満。う〜ん、やっぱりワインは一人1本以上ないとダメなりね(爆)。酒なしでも結局3時くらいまでひたすら喋りまくっておりました。笑い死にそうなくらい楽しかった♪

5/21(Mar)

 学校ももうすぐ終わり。6月頭のテストに先駆けて、ORALの試験がありました。前学期はボロボロだったので、今回もきっついんだろうなあ。しかも、読み・内容についての質疑・フリートークだった前回とは違い、今回は読みに加えて発声の仕組みやらなにやら理論についての質問が待っているそうで。うわ〜、その授業、朝早いし面倒で2〜3回しか出てないよ(爆)。やっばいなあ。とりあえず、知っているところに賭けよう、ということで必死に暗記。
 15分遅れ程度でテストの順番が回ってきました。準備時間をもらって読んでいた2つのテクストを読み、その中から簡単な発音の質問、そして、理論についての質問。私が引いた2つの質問はどうやら簡単なものだったのですが、一つの質問の意味がわからず、ギブアップ。仕方ないね〜。勉強してないもんね。最後にテクストの中の1文をTranscription phonetique(発音記号で書き直す)。これはまあまあ得意だったので、高得点でクリア。なんか、前期よりも簡単だった?なんとか無事に終わったみたい。はぁ〜。

5/19(Dim)

 あいにくの雨模様。ゆっくり起きて、ノートルダム寺院前の広場で開かれている骨董市へ。本当にガラクタもあるけれど、中にはちょっと素敵なアンティークもあったりして、なかなか楽しめます。ボルドーでもたまにあるけど、今まで行ったことはなかったのです。ふぅん、今度は行ってみようかな。
 お昼になったので、Mさん御用達のカフェへブランチしに行きました。最初はオムレツでも、なんて思っていたのですが、隣のカップルが食べていたブランチセットを見た瞬間、3人ともブランチセットに方向転換(笑)。しかししかし、このセット。ふかしたポテトにスクランブルエッグ、サラダにベーコン・ソーセージ類かスモークサーモン、フルーツジュースにデザートはパン・ペルデュ(フレンチトースト)。これでもかっと出てきて、しかも美味しい。大満足〜!ああ、幸せ〜。リッチな日曜だわ。
 その後、昨日チェックしておいたこれまたオタク心をくすぐる美術館へ向かったのですが、今日はただの日曜ではなく、Pentecote(聖霊降臨祭)の祝日でもあるため、閉館でした。うう、残念。仕方なく、どこかに行こう・・・と思ったのですが、ただでさえ日曜はどこも閉まってしまうポワティエ、教会くらいしかやっていません。そこで、これまた古い教会を見た後、川を渡ってさらに高台へ行ってみることにしました。高台へ上るには、延々と続く階段を上らなければなりません。つらかった・・・。そのおかげで、登りきった所からの眺めは素晴らしかったです。
 ポワティエ、いい街だったなあ。Mさん、ありがとうございました♪

 余談ですが。ポワティエでは東洋人が珍しいのか、小さい子供達はびっくりしたような顔で私達を上から下まで見る子が多かったです。見せ物じゃないやい。いや、フランス来てこんなの初めてです。ボルドーは有色人種って多いけど、そういえばポワティエってあまり見なかったなあ。

5/18(Sam)

 本日から1泊2日で、ボルドーの少し北にあるポワティエへ小旅行です。先日ボルドーに来てくださったMさん宅にお世話になります。いつもパリからのTGVの車窓から眺めるだけだった街なので、とても楽しみ♪
 ポワティエ駅でMさんとジンコさんに落ち合い、ランチに久々のケバブを食べ、観光スタート。ポワティエの街は川に囲まれ、中心が高台にあり、町中も坂道が一杯。古い町並みがそのまま残り、とても素敵。道も細く入り組んでいるので、案内してもらっても今どこにいるのかわからなくなるくらい。でも、それがなんだかいい感じ。あの建物もその建物も16世紀のお屋敷だったり民家だったり、歴史を感じます。ポワティエの目玉、ノートルダム寺院は、彩色の施された柱が美しくて、教会建築好きな私は嬉しくなってしまいました。う〜ん、素敵。

 さて、本日の夕食はちょっとリッチに、中世レストランへ。地下のカーブのような石造りの空間を使っているいい感じのレストランで、今の経営者に変わるまでは「中世メニュー」というオタク心をくすぐるメニューがあったらしい。今はすっかり変わってしまったけれど、味はグレードアップ。雰囲気良し、味良し、で大満足でございました。ふぅ。

5/16(Jeu)

 昨日から熱波が来ているようで、真夏並みの気温になっています。今日の最高気温は34度!日本だったらぶっ倒れて動けないところですが、湿気が少ないせいか、気温ほどは暑く感じません。気持ちいい程度。良かった・・・助かった(笑)。
 フランスは日本に比べて乾燥しています。そのフランスの中でもボルドーは雨が多い地域なので、あまり「乾いている」と感じることはありません。パリに行くと、その乾燥ぶりにびっくりしてしまうくらいです。それでも、年中雨が降るイギリス在住のSや日本から旅行で来た人達は口を揃えて「乾燥している!」と言います。私は全くそう感じないのですが、これは私がボルドーの気候に慣れたということなのでしょうか。なんだか不思議。

5/12(Dim)

 8時のTGVでトゥールへ戻るジンコさんを見送りに駅へ。久しぶりに6時起きです。朝が苦手な二人にとってはつらい(笑)。帰りにマルシェに寄って、さて勉強しなきゃ。・・・と思ったのですが、眠くて頭が回らないのでお昼寝をしてしまいました。起きたらお昼すぎ。そこからは一生懸命小論文に取りかかりました。ひたすら頑張って、やっと書き終わったのが10時。は〜、なんとかなったけど、連休を返して〜!

5/11(Sam)

 今日もまた、私はお勉強、その間ジンコさんは映画へ。そんだけ勉強しても全然終わらないのは何故?小論文なんて書けないよ〜(泣)。弁証法って何よ〜(泣)。
 私がすっかり疲れ切ったところで、タルトを抱えてジンコさんが帰宅。ちょっとお茶〜♪なんていってお喋りしていたら、すっかり勉強する気分じゃなくなっていました。っていうかいつもじゃん・・・。
 さて、この滞在中。前回の滞在ですっかり気に入った「西洋骨董洋菓子店」を何度も読みふけるジンコさん。気づくと読んでいます。でも、ホントに面白いです。これ。続きが読みたい〜!!

5/10(Ven)

 ゆっくり起きて、午後から観光案内所主催のワインシャトーツアーでソーテルヌとグラーヴへ。平日だというのにツアーは満席。すごいな。
 ソーテルヌといえば、甘口の貴腐ワイン。普通に買ったらとても高いので、デギュスタシオンででも飲めるのが嬉しいです。うふふ。畑に出て説明を受けている間も、「早く試飲できないかな〜」と気もそぞろ。待って待ってとうとう試飲したソーテルヌは、やっぱり美味しい!あ〜、もう1杯飲みたい(笑)。
 次に行ったグラーヴでは、白・赤・ソーテルヌを造っているとのことで、3種類を試飲できました。空きっ腹にワイン+バスの旅ということで、酔うことを考えて赤はお休みして2種類だけ試しましたが、どちらも美味しい。白はすっきり飲みやすく、ソーテルヌは・・・もう1杯(笑)。

5/9(Jeu)

 連休だというのに、大変な課題がある私は勉強しなければなりません。その間、ジンコさんは「千と千尋の神隠し」を見に映画館へ。すんません。
 本日も17時から三銃士映画があります。昨日の続編にあたる「四銃士」です。もちろん鑑賞(笑)。昨日も思ったのですが、面白いです、三銃士。私も原作読んでみよう。きっとはまる・・・んだろうなあ(笑)。
 夕食にギリシアで覚えたという美味しいパスタを作ってもらい(辛かったけど美味しかった〜!)、外出。この連休中、ボルドーと姉妹都市である福岡市の主催するイベントがあり、今夜は「源氏物語の心」というスペクタクルがあるのです。会場には福岡市の関係者が一杯。福岡出身のKちゃんとジンコさんによると、市長さんまで来ているそうです。さすが。劇自体は源氏のストーリーを知っている日本人にとっても難しいもので、不思議なものでした。彫りの深い西洋人の顔には白塗りは似合わないというか怖いです。でも、なかなか面白い物ではありました。

5/8(Mer)

 今日から5連休。ガスコーニュでオタク旅を満喫してきたらしい(笑)ジンコさんが来訪。いつものように、駅までお迎えに行きました。
 ランチと夕食の買い出しの後、17時からテレビで「三銃士」の映画を鑑賞。実は、きちんとストーリーを知らない私、隣でジンコさんが詳しく解説してくれたおかげで楽しく見ることが出来ました。それを抜きにしても、歴史ものの映画っていいですねえ。ドレスや調度品、馬車なんかにいちいち反応してしまう(笑)。映画を見ながら、実際の歴史の話も弾む。説明なしで語れるのっていいねえ。さすがフランス史オタク同士(笑)。
 夕食は残りもののカレーを消費し、今日のメイン(笑)は、バイヨンヌ土産の生ハム〜にフォアグラ、チーズととっておきのピノ(葡萄果汁にコニャックを加えて発酵させたお酒)。う〜ん、いいねえ。豪華ついでに、ジンコさんがダルタニヤンセンターで購入した3銃士フィギュアにオスカル様ストラップ(衛兵隊バージョン)、バックにエピファニーにもらった百合紋を飾り、記念撮影(爆)。おバカ炸裂な昨夜でございました。

5/7(Mar)

 夕方からエシャンジュのため、お昼を食べてから空き時間がたっぷりできてしまいました。そのため、しばらくロビーでお喋り。ちょうど日本語学科の人達が数人いたので、そこに混じってにわか文化交流になりました。
 そんな中、バルセロナ出身の女の子が「ねえ、ガウディって知ってる?」と聞いてきました。もちろん、知ってます。サグラダ・ファミリア聖堂を作った建築家。「日本人はみんな知ってるのね。でもね、フランス人って全然知らないのよ!」ホント?ということで、その場にいたフランス人達に質問してみました。そしたらみんな不思議顔。さらには、「ガウディって何?C'est quoi?」quoiって・・・quoiって・・・ガウディは物じゃないだろ!(仏語で「quoi」は物に対して使います。人に対しては「qui」)呆れる日本人+バルセロナ人。「バルセロナにあるサグラダ・ファミリア聖堂を造った建築家だよ」と言っても、なかなかわからなかった様子。フランス人よ・・・隣の国でしょうが、スペインは。しかも、ボルドーはスペインに近いというのに。「やっぱりフランス人って自分のことにしか興味ないのね〜」と納得してしまいました。

5/6(Lun)

 イギリスのSから連絡あり。彼女の友人の徳島の人がラジオを聞いてくれたそうです(無理矢理聞かせたとも言う)。それで、感想をくれたのですが・・・初出演でギャグなんて、いくら私でもそんなこと言えません。そんな余裕ないです。しかも、仕事(みたいなもの)だもの。そんな、無理な要求しないで〜!まあ、声を褒めていただけたので良しとしましょう。
 さて、その「声」。私の声は、仕事用の声と普段の声が全然違うそうです。自覚はしているのですが、みんなびっくりするそうで。同期からの内線を知らずに取った時と、相手がわかったときの声の落差が激しい、と何人もの人に指摘されてきました。「声だけだったら男を騙せる」と言われたこともありました。だけっていうのが気にくわないけど・・・。久しぶりに仕事声出して、社会人生活を思い出しました。戻れるのだろうか?

5/3(Ven)

 深夜、ラジオの本番。日本時間では土曜日の朝。私の出演するコーナーの始まる少し前にお電話をいただき、とうとう始まってしまいました。もう、心臓どきどき。パーソナリティの方々とは本番が初対面なので、話す内容は大体決まっていたものの、話の流れで何を聞かれるかわからない。話を進めていくうちに、普通の電話と同じような感覚になってきて、やっと落ち着いてきました。私自身のこと、ボルドーのこと、フランス生活のこと。15分は思ったよりも長かったけど、何とか無事に終えることが出来ました。はあ、良かった。四国・中国方面のリスナーの方、朝から失礼しました。
 ド緊張のラジオ出演が終わっても、なんだか目がさえてしまって寝付けません。かといって、夜中の2時。友達に電話して起こすわけにもいかないので、実家に電話。直前までラジオに出ることは話していなかった(言っても聞けないし)ので、親もびっくり。そりゃそうだ。聞かれなくて良かった・・・かも。

5/2(Jeu)

 ひょんなことから、ラジオに出ることになりました。しかも、四国の。たまご家は関東の出身で、関西方面には親戚はいないし、私も生まれも育ちも千葉だし、縁もゆかりも全くない私が出てしまっていいんでしょうか。まあ、でも、これもチャンスです。何事も経験。
 ということで、週末の初出演に向けて、ディレクターさんと電話で打ち合わせ。殆ど雑談に近いような話しかしていないのですが、これでいいのでしょうか。本番は生放送。番組もどんな感じなのかわからないので、結構緊張・・・上手くいくと良いのですが。

HOME