+ AVRIL 2002 +

4/27(Sam)★Toulon

 今回、トゥーロンに来たのは、「国際アニメフェスティバル」というのに誘われたからです(爆)。またかよ・・・とお思いの人も多いことでしょう。アニメに関しては全くと言って良いほど知らない私。大丈夫でしょうか。
 昨日は開場前からかなりの人が並んでいたと聞き、7時半にホテルのロビーに集合・・・だったのが、朝起きたらすでに7時半。急いで仕度をし、会場へ。すでに多くの人が並んでいます。コスプレしてる人もいましたが、私には何の格好かわからない・・・横でジンコさんに説明してもらったけど、そのアニメを知らない(爆)。大丈夫か?不安を抱えながら並んでいたところ、なにやら聞き慣れた曲がかすかに聞こえる。モー娘。だよねえ・・・と思っていたら、前に並んでいた男の子達がm「恋愛レボリューション21」を聞きながら口ずさんでいるではないですか!「ちょちょちょ、いいかんじ」なんて言ってます。私もついつい踊ってみたり。そうしているうちに私の怪しい行動に気づいた彼らが振り向き、お喋り。メンバーのこともよく知っているので、どこで覚えたのかと思ったら、パリで借りられる日本のテレビ番組のビデオらしい。そこで「ASAYAN」を見たって。すっげ〜。そんなのもレンタルしてるんだ、パリって。いいなあ(爆)。
 2時間ほど待って、漸く中に入れました。まずは、会場でサイン会があるといういのまたむつみさんに会うため、整理券をゲット。彼女は、アニメ関連に本当に疎い私でも知っているアーティスト。日本じゃきっと会う事なんてできないもんね。続いて、会場を覗きながらサイン会会場へ。一人ずつ会ってサインをもらえるのですが、その前にくじをひかされました。それを持って私の番になったところ、なんと私の番号が当たり番号で、目の前でイラストを描いてもらえることになりました。うわ〜〜〜!!動転して、リクエストはジンコさんに出してもらい(笑)、女の子を描いてもらうことにしました。プロの人が目の前で絵を描く所、初めて見ました。感動です。名前入りでサインまでもらってしまい、本当のファンの皆さんに申し訳ない感じです。でも嬉しいな♪ものすごく綺麗な絵でした。うふふ。
 会場には漫画関連のお店や同人サークルが一杯。ベルばらのイラストを描いているサークルやお店で「ベルばらありますか?」とか聞いている人を見つけては、目を輝かせ、話しかける私。やっぱり、私は漫画ファンではなくベルばらファンなのねえ・・・。日本人ということで、色んな人に話しかけられ、何度かアドレス交換したり。そんな中、一人の日本語勉強中の女の子と話しているとき、ジンコさんが驚いたような声で私を呼んだのです。何かあったのかと思ったら、そこには・・・かの有名なフランスのオタク、セバスチャンがいたのです!うわ〜〜生セバスチャンだよ。あの、声優と結婚したいと言い放ったあのセバスチャン。いや、会えるとは思わなかったよ。ホントにいたんだ、この人。日本語ペラペラでした。モロッコ人に日本語を教えていると言っていたが、副詞と形容詞の使い方間違ってたよ。指摘して置いたけど。やっぱり怪しい人でした。やっぱりセバスチャンだったよ。2chも知ってるセバスチャン。さすがだ・・・。
 そんなこんなでお昼過ぎにはすっかり疲れてしまい、会場を後にしました。一通り見たし、もう私としては十分。3時半頃の電車でボルドーへ。途中、モンペリエでジンコさんが降りた後は5時間以上一人。喋る相手もいないし、風景も飽きたし、この旅のために買っておいた本を読み始めました。カミュの「異邦人」。文法が簡単だし、読みやすいと聞いて買ったのですが、実際あまり辞書を引かなくても読めるくらいで、フランス語の長文にはすぐ頭痛がする私でも順調に読むことが出来ました。頑張って読み切ってみよう。
 7時間の電車の旅の後、やっとボルドーに着いたときはすでに10時半。駅近くのAちゃん宅に寄って一休み。そこには同じアパートの住人が来ていたりで、なかなか賑やかです。美味しいミルクレープを食べながら、今話題のロフトストーリー鑑賞。これ、はまるのよね。ついつい見ちゃうのよね。全員の名前と性格までわかっている私もたいがいだな。いや、スラングの勉強だということにしておこう。うん。

4/26(Ven)★Hyères, Toulon

 今日・明日と、コートダジュールの入口の街、Toulonへ行ってきます。行きは格安のBUZZというKLM(UK)系列の格安航空会社で。ボルドー−トゥーロン間が39ユーロ、ロンドン−ボルドーも59ユーロと、めちゃくちゃ安いのです。飛行機なら早いしね。この手のチケットレス格安航空を利用するのは初めてなので、どんなものなのか楽しみです。
 チェックインは2時間前から。チケットの代わりに予約番号を伝えることになっているのですが、パスポート(国内線なのに必須!)を見てリストをチェックし、それでOK。早めのお昼をベンチで食べ、いよいよ搭乗。フランスの国内線だというのに、イギリス系だからか、乗務員の案内は英語・・・おい、頼むよ。英語わかんないのよ。ここはフランスなのよ。行き先もフランスなの。フランス語にしてくれ〜!機内サービスは有料。まあ1時間程度だから、飲み物もいらないくらい。心配していた揺れもなく、無事にトゥーロン空港に到着。6年ぶりのこの空港、かつては小さくてちゃっちい所(爆)だったけど、今は近代的に新しくなっていました。
 バスでとりあえずイエールの街へ。窓の景色を見ていると、6年前、初めてここに来たときのことを思い出します。あのときは初めての海外で、ホームステイ先のマダムの言っていることなんてまるでわからなかった。「海が綺麗よ」なんてことでさえ聞き取れなかったな。なんてことを感慨深く思い出しました。懐かしいイエールの街は、あまり変わっていなくて、南国ムードたっぷりで可愛かった。カフェで一休みしただけだけど、帰ってきた〜!という気分。ホテルも一杯あることに気づいたし、またバカンスで来たいな。
 イエールからトゥーロンへはバスで。時間はたっぷりあるので、いろんな街を通るバスに乗り、ゆっくり車窓の景色を楽しんでみたり。窓の外はすっかり南国で、同じ南にあるボルドーとは全く違う。開放的な地方。地中海は綺麗だし、やっぱりいいな、コートダジュール。
 トゥーロンではアングレームで知り合ったマチウと再会し、中華で夕食。駅前のホテルはトイレ共同初体験(爆)。どきどきだな・・・。

4/25(Jeu)

 朝からお掃除&お洗濯。休みだというのに、何もしないので、学校がある時より部屋が汚い(爆)。学校があるときは、「休みになったらやろう!」と後回しにしているのに、休みになると、「まだいいや」となっちゃうのよね。汚いのは大の苦手なのに。
 夕方、ジンコさんを迎えに駅まで。明日から1泊2日でトゥーロンへ行くのです。久しぶりの再開です。オタクナイト再び(笑)。ギリシア帰りのジンコさんから、珍しいお土産をいただいちゃいました。わ〜い♪蜂蜜漬けのピスタチオなんて、どんな味なんだろう?
 ジンコさんには、前回に続いて、我が家にある漫画を読ませてしまいました。「西洋骨董洋菓子店」、すっかりはまっていた様子。ふっふっふ・・・嬉しいよ。

4/23(Mar)

 渡仏直前に行って以来、美容院から遠ざかっていたので、いいかげん髪の毛がうっとうしくなってきました。9ヶ月も経てば、すっかりボサボサ。未だに健在のパーマも飽きてきたし、春だし、勇気を出して美容院に行くことにしました。
 ボルドーの代官山と勝手に呼んでいるおしゃれな界隈にある、ちょっとよさげな美容院。一応イメージの切り抜きを持っていったのですが、担当のピアスだらけの美容師さんは、一瞬だけそれを見て、レザーで思い切りバサバサと切っていきます。大丈夫なのだろうか・・・。結構、いえかなり心配していたのですが、出来上がった髪型はやっぱり写真とは全然違う。スタイリングもいいかげんで、イマイチ好きになれない髪型になりました。一度シャンプーして自分でスタイリングしてみたら、なんとかなりそうだったので、ちょっとホッとしました。上手いのか下手なのかわからないなぁ。ま、帰国までにはきっと伸びるよね・・・。

4/22(Lun)

 ニュースでも全国各地で反ル・ペンデモが起こっていると報道しています。フランス人、頼むよ、ホント。私も、新聞を買い、今回の結果をじっくりチェック。ばったり会った友達とも、「とんでもないことだよね!」と立ち話。在仏外国人にとって、死活問題だもん。
 それはそれとして、金曜日の興奮冷めやらず。またまた「千尋」を見に行ってきました。2回見ても、やっぱりいい!もう一度見ようかなぁ。

4/21(Dim)

 きょうはフランス大統領選挙の第1回投票。予想では、シラクとジョスパンの一騎打ち。誰もが、そう思っていて楽観していた(と思う)けど。夜8時過ぎ、中間結果の発表で、第2回投票に進む上位2人が発表されたとき、テレビの前で固まってしまいました。テレビ出演者も、中継レポーターも。
 1位・シラク、2位・ル・ペン、3位:ジョスパン
 ・・・まさか、こんなことになろうとは。イタリアに続いて、極右が・・・。ぼ、呆然。その後は、テレビは大騒ぎ。私もMさんと電話でテレビを見ながらこの結果について議論。そうせずにはいられないくらい、ちょっと動転してしまってます。どうなる、フランス!?
ただ、それに対してフランス人も危機感を持っているのだけが救い。2回目投票まで、気が休まらなさそうです。

4/19(Ven)

 春休み第1日目。先週から公開されていた「千と千尋の神隠し」を見に行きました。ありがたいことに、VO(フランス語字幕)でやっているので、日本で見るのと同じような気分で見ることができます。この映画、めちゃくちゃ良いです。気に入ってしまいました。なんだか、勇気をもらったな。今見ることができて良かった。
 夜は、ルカ君の誕生日Fete。一緒に行く予定だったKちゃんが来れなくなったので、一人で心細いな〜と思いつつ、ルカ宅へ着くと、そこにはフランス人しかいない。うっわ〜・・・どうしよう。10人くらいのフランス人に順々にビズしていったけど、名前が全然覚えられないよ〜。しかも、この中で知っている人ってルカともう一人だけ。し、試練。
 外国人一人ということで、皆が気を使って話題を振ってくれたり、日本人ということで「千と千尋」の話をしてくれたり。ありがとう。なんとか必死に話したけど、もうパニクってます。ご飯食べてるけど、それどころじゃないくらい。途中でクラスメイトのアンナが来たときは、どれほどホッとしたことか。外国人同士、なんかリラックスして喋ることができるようになり、パニック状態も落ち着いてきました。良かった・・・。
 みんながまだ飲みまくっている中を一足先に帰ってきましたが、いや、疲れた。いい経験だったけど、大変だわ、これ・・・。若い人の話は聞き取りにくいなり。

4/18(Jeu)

 今日でテストも終わりですが、最後に難関の美術史のテストがあります。今まで授業で見た絵の中から1つ出題されるそうなので、出そうな絵について直前までお勉強。これできっと大丈夫!・・・が。テストで出された絵は、初めて見た絵。そう、私が休んだときに見た絵だったのです。そりゃないよ、先生。タッチでゴーギャンだというのはわかったけど、タイトルも年代も全然わからない(当然)。仕方がないので、絵を見ながら自分なりの分析と、ゴーギャンに関する自分の知っている限りの情報を書き殴りました。ああ、なんてこと。もっと有名な絵の方を出してよ〜。マイナーなヤツだったとしても、Redonあたりの絵だと思ったのに。有名画家のマイナーな絵なんて。やられたよ。
 その後、ラストの商業フランス語をなんとか終えたときにはもうぐったり。いや、大変だったな、今回は。でも、これで明日から1週間のバカンスです。やった〜!

4/17(Mer)

 授業は午前中だけだけど、午後にエシャンジュがあるので、時間まで図書館にこもって明日のテスト勉強。明日は覚えなきゃいけないテストが2つもあるので、ちょっとヤバイです。なんとかなるでしょうか。
 今日のエシャンジュは、課題で書いていたモチベーションレターを添削してもらい、その後は歴史やら漢文の話。なんでこんな話題なんでしょう・・・。歴史オタクの面目躍如。「こんなにフランス史知っている日本人は珍しい」とまで言われました。そりゃ、10年そこそこフランスおたくしてません。それでも、細かい年代なんかは忘れているなあ。もう一度世界史の本でブラッシュアップしておかなきゃ。・・・って、テスト勉強の方が大切なのに、世界史の本読んでいる場合じゃないじゃん>自分。オタクは死んでも直らない・・・か?

4/15(Lun)

 今週は1週間テストです。しばらく学校に行っていなかったのもあって、かなりヤバイ状態。前学期と比べて、ちゃんと勉強しないとできないような感じなので、もおう頭はぱんぱんです。とりあえず1つ終わった時点で、かなりまずい状態。無事に終わることができるのかしら?

4/12(Ven)

 飲んだ翌日に早起きはつらいけれど、今日はエシャンジュの日。待ち合わせをして、近所のカフェで話すことにしました。相手は日本語ペラペラだということは知っていたのもあって、基本的にフランス語でずっと話をすることに。日本語で死語やわからないものは訂正したり説明するということで、殆ど雑談で終わりました。今日は宿題なんかも持っていないしね。私としては、フランス語を話すという目的に合っているので、まずまずかな。少し自分の語学力に自信を取り戻せたし。少しずつでも進めればいいな。

4/11(Jeu)

 お昼休み、Aちゃんが昨日会ったという日本人旅行者の話で盛り上がりました。というのも、彼がなんだか今時珍しくいい人だそうなのです。無事に旅行ができるのかどうか心配になってきてしまうほど。なんとか協力できることはしてあげたい気持ちです。そう思っていたら、今夜Aちゃん宅でご飯を食べに来るそうで、励まし&情報提供がてらお邪魔することにしました。
 一旦家に帰って仕度をしていたところ、携帯が鳴りました。フランス人です。誰だ?と思っていると、エシャンジュのアノンスを見たという人でした。うわ〜と思って話をしていたら、前から知っている人でした。なんだ、新鮮味が(おい)。とりあえず、明日会う約束をしました。まあ、彼は日本語ペラペラなので、会話相手が欲しくて、さらに細かい言い回しを教えて欲しいという私の目的に合っているかもしれません。とうとうエシャンジュだ〜。
 さて、夜、大量に余っていたお餅を持ってAちゃん宅へ。料理人君は既に来ていました。ああ、ホントに今時珍しいタイプだわ。ちゃんとこれからのフランス旅行が上手くいくのか心配になってしまいました。とりあえず、知る限りの情報を提供してあげました。今日行って来たというサンテミリオンの美味しいワインを飲みつつ、雑談していたらあっという間に12時。料理人君、良い旅になるように祈ってるよ〜。帰国したらお店に食べに行くからね〜。

4/9(Mar)

 心機一転、残り少ない留学生活を充実させるために、エシャンジュ(交換授業)をすることにしました。最近は掲示板にもその手のアノンスがないのでやらないままになっていましたが、アノンスがないなら自分から募集すればいい!ということで、授業の後、Aちゃんと文学部棟へ。日本語学科の掲示板がどこにあるのかわからないので、とりあえず時間割を見て、授業の多い教室のそばに貼ってみました。さあて、どんな人が来るでしょうか。ドキドキ。いい人だといいんだけど。

4/8(Lun)

 久しぶりに学校へ。やってることが全然わからなくて大変だったけど、来週はテストなので、頑張っておかないといけません。ふぅ、ハードだ。
 帰りにスーパーに寄ってキャベツを買おうとしたのだけど、スーパーにもキャベツがない。ああ、今週はお好み焼きが食べられないのね。食べたかったのに。キャベツはどこに行ったの?

4/7(Dim)

 朝のTGVで帰るMさんを駅にお見送り。昨日まで晴れていたのに、今朝は大雨。近いうちのポワティエ行きを約束して、お別れです。沢山いろんなことをお喋りして楽しかったです〜。
 帰りにマルシェに寄って、お好み焼きの為のキャベツを買おうとしたのですが、いつもは通路にも沢山出ている八百屋さんが全然いない。その他のお店も閑散としていて、どうしちゃったの?という感じです。先週は復活祭だったからかな?2件しかない八百屋さんにどちらにもキャベツはなくて、お好み焼きは延期ということに。ああ、食べたかったのに〜。

4/6(Sam)

 昨日寝たのが遅かったので、今朝はお昼過ぎまでゆっくり。軽く朝食を取り、昨日回れなかった所を中心に再び街観光です。サン・タンドレ大聖堂、裁判所、Porte Cailhau、Grosse Cloche。途中カフェでケーキなんかを食べながら、ゆっくりと見学を続けます。最後の見所、サン・ミッシェル教会に向かっていたとき、なにやらカーニバルのような団体に出くわしました。でもカーニバルはとっくに終わっているし、かといってイスラムやユダヤのお祭りでもなさそう。一体何だったのでしょうか。結局解らず。
 一通り街観光が終わったところで、すでに夕方。夕食まで何をしよう?と思案しているところで、映画館でまだアメリーをやっていることを知り、昨夜ちょうど話していたこともあって、見ることにしました。入ると既に映画は始まっていて、手探りでなんとか席を探しました。2度目ともなると、前回わからなかった所も理解でき、やっと楽しめたような感じです。う〜ん、あと1回は日本語で見たいなあ。フランス語だから、やっぱり理解できないところもあったもの。日本に帰ったらDVDかビデオだな。
 今夜の夕食は、フレンチで。ちょうど9時、レストランが一番混んでいる時間。レストラン街の中でもフランス人で一杯のお店に入ることにしました。満席なので、お店の人も忙しいらしく、サービスはイマイチだったけど、それでも料理は美味しかった。これでもかというくらい出てきて、食べきったけどつらかった・・・。このお店には、地方料理のコースもあるので、今度はそれにチャレンジしたいな。

4/5(Ven)

 本日から3日間、ポワティエ在住のMさんが我が家へいらっしゃいます。アングレームで出会って、その後なんと実家がご近所であることが発覚。いやあ、世間って狭いのね。
 一旦家に荷物を置いて、ボルドー観光開始。ランチをpl.Parlementのカフェで取り、旧市街をうねり歩きながらカンコンス広場、続いてJardin Public。カフェで休みつつ、大量にお喋りをしつつ(笑)、あっという間に夕方になってしまいました。今夜はオペラを見る予定なのです。すでに前売りは締め切られていたので、当日券で見る予定。そのため、30分くらい前から劇場前で開館を待ち、オープンとともに建物内にあるチケット売り場へ直行。めでたく1番で並ぶことができました。あまり演目にも内容にも執着がないので(笑)場所はどこでもよかったのですが、残っているのは結構良い席のみ。どうしようか?と悩んだのですが、念のため聞いてみた学生用の天井桟敷があるとのこと。良かった〜!値段はナント8ユーロ。8ユーロ!?映画の2倍の金額で、本格的オペラが見れるの?日本なら、映画だって見れません。なんという国だ、フランス。素晴らしいよ。
 しばらく待った後、開場になったのですが、パリのオペラ座のモデルになったという中央の豪華な階段は良い席のお客様専用のようで、私たちのように天井桟敷の安い席に座る人は、脇の階段を上らなければなりません。階級社会なのね。で、席はというと。天井が近い!しかし、真正面なので、思っていたほどの不都合さではありません。これで8ユーロなら文句なんてありません。う〜ん、やっぱりすごいな。
 演目は、ワーグナーの「さまよえるオランダ人」。オペラはまるで知らないし、ワーグナーもそれほど興味はない私。しかも、歌詞は当然ドイツ語。肝心の字幕は、大きなシャンデリアの影で殆ど見えません。仕方なく席を移動したのですが、それでも頭半分しか見えないので、想像で見るしかない。必死に字幕を追い、曲を聴き、ちらちら舞台を見ていたのですが、ついつい・・・睡魔さんがいらっしゃいまして、しばし眠ってしまいました。でもね、結構単調だったのよ。仕方ないよね・・・。次は、もっと華やかで話を知っているものを見てみたいです。カルメンとかやってくれないかしら。
 中華でSouperを取り、帰宅。夜も遅いので早めに寝ましょうと言っていたにもかかわらず、お布団に入ってからもずっとお喋りを続け、眠ったのは4時頃。話はつきないものです。

4/4(Jeu)

 結局、今週は1回も学校に行きませんでした。これで3週間ばかりまともに学校に行ってないことになるな・・・。これじゃいかんのよね。でも学校行きたくないんだよ〜。来週からは頑張って外に出るようにしなきゃ、ねえ。このまま学校フェイドアウトしちゃいそうだ。そんなことを考えていたら、急激に寂しくなってきて、友達に電話しちゃったり。う〜ん、我ながらどうしたもんかね。

4/2(Mar)

 体調不良と電気ショック(こう書くとなんか違うけど)、その他もろもろ重なってか、ひっじょ〜にへこんでます。学校に行きたくないし、家からも出てない。このままじゃいかんと思っているけど、でも家から出たくないんだよ〜。電気のことがあってから、テレビもつけなくなっちゃったし。音のない家で一人でいるのって、へこみを増長していてヤバイ・・・よな。どうしよう。
 と、そんなところに、ここ半年分の電気代の請求書が到着。予想はしていたけど、1ヶ月の生活費より多かった(泣)。そりゃ、暖房付けっぱなしだったもんねえ・・・。はぁ、計画も見直さなきゃいかんわ、こりゃ。

HOME