+ パリ攻略ポイント +

パリへの旅の前に、知っておくと便利なことをご紹介いたします。
※初めに「フランス攻略ポイント」をご覧下さい。

両替  観光案内所  ショッピング  美術館  日曜日の過ごし方−パリ

■両替

 オペラ座周辺に沢山の両替所がありますが、お勧めはオペラ座裏のRue Scribeにあるアメリカン・エクスプレス。地下に両替所がありますが、レートが良いです。
 日曜日は銀行や両替所も閉まります。どうしても両替したい場合はシャンゼリゼ通りやオペラ周辺なら開いている両替所もあります。ただし、手数料が高かったりレートが悪かったりしますので要注意。土曜日までに済ませておきましょう。

 

■観光案内所

 街歩きの前に、まずは情報収集を。
 パリの観光案内所は、オペラ地区。Pylamide駅を出て、rue des Pylamidesに入るとあります。ここでは街やメトロの地図、観光情報、観光ツアーの情報の他にも、両替も可能です。窓口は常に混み合っている上、愛想も良くないので(笑)気長に待ちましょう。
 イル・ド・フランスの情報も手に入れることができます。

 

■ショッピング

 ブティックなどの情報はその手のガイドブックに譲って、ここでは買い物の豆知識やスーパーの情報を。

●デパート
 オペラ座裏のギャルリ・ラファイエット、プランタン共に、木曜日は閉館時間が21時まで延びます。
 また、ギャルリ・ラファイエットのグルメ館、左岸のボン・マルシェのグルメ館はかなりの充実。フランス中の名産品が手にはいるので、お土産選びに最適です。


●スーパー
 お土産の調達、夕食やランチ、ミネラルウォーター、雑貨など、スーパーは利用価値大のショッピングスポット。パリにも大小たくさんのスーパーがあります。
 パリに多いスーパーはMONOPRIX(モノプリ)、FRAMPRIX(フランプリ)、CHAMPIONS(シャンピオン)、Ed(ウーデー)、CASINO(カジノ)など。その中でも、観光地にあって利用しやすい大型スーパーをご紹介。

<シャンゼリゼ>MONOPRIX −24時までオープンしているので、便利!
<オペラ通り>MONOPRIX −日本人街や免税店街に近くて便利。2階にはカフェテリアもあって、こちらも便利。
<リヴォリ通り(St.Paul)>MONOPRIX −周辺には中華のテイクアウト店も一杯。
<サン・ジェルマン・デ・プレ>MONOPRIX −小さめだけど、場所が良い。
<モンパルナス>INNO −大きくてなんでも揃う。1階入口付近のテイクアウトのお惣菜(寿司もあり)が便利。

 

■美術館

 パリには大小たくさんの美術館が集まっています。美術館巡りが目的の方も多いのではないでしょうか。そんな方にお勧めの情報を。

●Carte-Musée(カルト・ミュゼ)
 美術館共通パス。これを持っていると、チケット売り場で並ばずに入場できます。1日、3日、5日用があり、使う前に使用開始日をパスに記入します。入場の際はこれを見せるだけでOK。カルト・ミュゼは、シャンゼリゼの観光案内所や大きな地下鉄駅の窓口、美術館入口で購入可能です。
 主立った所では、ルーブル、オルセーの両美術館、ポンピドゥー・センター、ピカソ美術館、凱旋門、サント・シャペル、ヴェルサイユ宮殿等で使用可能です。日程と入場料に合わせて、カルト・ミュゼか1館ごとのチケットか検討することをおすすめします。


●夜間開館
 ルーブル、オルセー等、パリの美術館の中には曜日によって21時頃まで閉館時間が延びるものがあります。閉まっている展示室もありますが、昼よりずっと人出が少なく、ゆっくり見ることが出来ます。

 ルーブル美術館:月曜・水曜 21:45まで(一部閉鎖)※15時以降の入場は割引あり
 オルセー美術館:木曜 21:45まで
 自然史博物館:木曜 22:00まで


●日曜日はお得!
 「フランス攻略ポイント」でも紹介していますが、フランスでは、毎月第一日曜日は美術館が無料や入場料割引になるところが多いです。その分、人出も多いので覚悟しなければなりませんが、安く芸術に触れることができます。

 

■日曜日の過ごし方−パリ
 日曜日のフランスはとても静か。お店も殆ど閉まってしまいます。さて、どうやって過ごしましょう?

●美術館
 上記「美術館」参照。ただし混んでます。


●オプショナルツアー等で郊外へ観光
 食事付きの観光ツアーでロワール古城巡りやモン・サン・ミッシェル等に行っても楽しいです。


●どうしてもショッピングしたいなら

・マルシェ
 常設市場である5区のムフタール市場など。ちなみに、ムフタール通りにあるスーパーFRAMPRIXは日曜日も開いています。

・カルーゼル・ド・ルーヴル(ルーヴル美術館地下ショッピングセンター)
 各種ブティックが入っています。お土産探しもできます。

・マレ地区
 ユダヤ人街でもあるので、この地区のお店は日曜日開いているところが多いです(月曜は休みの所が多い)。人出も多いので注意。

・サン・マルタン運河沿い
 最近話題のスポット。アントワーヌ・エ・リリ等、日曜日も開いているお店が多いです。

 

 

モドル