+ Bordeaux +

 サン・ピエール地区 Quartier Saint-Pierre


サン・ピエール広場とパルルマン広場を結ぶ、Rue de Parlement St.Pierre

 

 サント・カトリーヌ通りの東、アルザス・ロレーヌ大通りの北側辺り一帯が、ボルドーの旧市街です。サン・ピエール教会を中心としているため、サン・ピエール地区とも言われます。ボルドーの中でもおしゃれなお店やレストランが集まる界隈です。

 この地区には細い道が入り組み、中世から残る建物や印象的な建物が多く残ります。
 また、美しい広場 Place が多いのもこの地区。ガロンヌ河を臨みヴェルサイユ宮殿を思わせる18世紀の美しい建物が囲む馬の蹄鉄形のブルス広場 Place de la Bourse。ルイ15世様式の建物が囲み、中央には第2帝政期の泉を持つパルルマン広場 Place du Parlementにはレストランが集まっています。そのパルルマン広場から細い道を歩くとサン・ピエール広場 Place St.Pierre。パルルマン広場の南には、映画館ユートピアと多くのカフェがあるカミーユ・ジュリアン広場 Place Camille Jullian。さらに南にはポルト・カイヨーのある宮殿広場 Place de la Palais。それぞれ、魅力的です。広場を巡りながらの散策にピッタリの地区です。


Place du Parlement

Place Camille Jullian

 

 ポルト・カイヨー Porte Cailhau


 ガロンヌ河岸にあるこの凱旋門は、1495年に国王シャルル8世のフォルヌーの戦いの勝利に捧げられたものです。円錐形の小塔、出し狭間(敵状偵察や投石用に城壁・塔の上部に設けられた狭間の付いた張出)などが要塞の印象を醸し出しています。
 内部ではボルドーの歴史についての展示を見ることができます。また、そこからのピエール橋の眺めは素晴らしいです。

 

ボルドーTOPページへ